傷やヘコミはどのくらい査定額に影響するの?

自動車査定,傷,ヘコミ

 

これから自分の自動車を売りたい場合、なるべく高い値段で買い取って欲しいと誰もが思いますし、自動車査定の評価がどのようになるか大変気になるものです。

 

特にこれから自動車査定してもらおうとしている自動車にヘコミやキズがある場合は、自動車査定に大きな影響を与えてしまうのではと心配になってしまうものです。

 

 

運転中に擦ってしまったり、ぶつけたりなどの経験が全くないという人でも、長い間自動車を利用していると、ホコリなどの影響で小さいキズはどうしても自然についてしまうものです。
このような場合のキズは自動車査定をする側も想定していることなので、査定に影響し、価格が下がるということはほぼありません

 

次に、自動車を軽くぶつけてしまって少しへこんでいる場合、少しだけ擦ってしまってキズがある場合ですが、軽い程度であるならば自動車査定に大きく影響して価格が大きく下がるという可能性は低いです。
その自動車を業者が買い取った場合は、その業者はその部分を修理してから販売するので、その修理にかかった費用程度のマイナスだと思っておけば大丈夫です。

 

しかし、そのヘコミやキズが骨組みまで修理をしなければならないほど大きなものであった場合は修復自動車、もしくは修復自動車の扱いとなってしまうので、自動車査定に大きく影響し、査定額が大きく下がってしまいます
誰もが好き好んでぶつけたり、擦ってしまったりするわけではありませんが、しっかり気を付けて運転をして、キレイな状態で自動車査定をしてもらえるようにしたいものです。


ヘコミや傷は自動車の査定に影響する?関連ページ

自動車査定士はココを見ています!
実際の自動車査定では、査定士は車のココを見ています。
事故車、修理車の査定について
事故歴のある車(事故車)、修理歴のある車(修理車)は車査定にどのくらい影響するのでしょうか?