事故車、修理車は査定額は下がります

自動車査定,事故車,修理車

 

これから自分の車を売ろうとしている場合、業者による車査定が行われ、査定額が決定します。
自分の車がどのように査定され、どれくらいの価格になるか非常に気になるところです。
さらに不幸なことに交通事故などをお越してしまっていて、自分の車が事故車や修理車であった場合は、車査定はどうなるのか非常に気になるところです。

 

残念ながら、事故によって車に大きな損傷がある場合はかなり大きく車査定に影響し、かなり大きく査定額が下がってしまいます
以前に交通事故などを起こして車が大きく損傷してしまい、修理をした車も同様、かなり大きく査定額が下がってしまいます

 

車を買い取る業者は、その車を買い取って修理して中古車として販売をします。
その際にそういう車は、事故車または修理車として販売をしなければならなくなります。
しっかりと修繕されていて、見た目も機能も全く問題なかったとしても、中古車を購入しようとしている人に事故車、修理車というだけで悪いイメージを与えてしまうのです。

 

特に日本では、事故車、修理車というだけで購入を躊躇してしまう人が多いのが現状です。
つまり、事故車、修理車は売れにくい商品となってしまうので、車査定の際に非常に大きなマイナスポイントとなり、大きく車査定額が下がってしまうのです。
それに販売前に行なう修理の費用も大きくかかってしまうので、事故車の査定額というのはかなり低いものとなってしまうことを覚悟しておかなければなりません。

 

 

>>愛車の査定を一括検索!


事故車、修理車の査定について関連ページ

自動車査定士はココを見ています!
実際の自動車査定では、査定士は車のココを見ています。
ヘコミや傷は自動車の査定に影響する?
車のヘコミや傷は自動車の査定に影響するのでしょうか?